ぴーちゃんゲート

お勧めの漫画紹介、運を良くする情報などですーぅ^^

奇跡の水、ルルドの泉の水は長崎で。

フランスのルルドといえば、知る人ぞ知る、奇跡の水、ルルドの泉があるんですが、御存知ですか。


奇跡の街ルルドでロウソク行列 ― フランス体験


会憲と十字架

病気が治る等、世界的に有名な水があります。約百年前、お告げを受けた若きシスターは、既に若くして亡くなりましたが、その遺体はいまだ、腐敗せず、綺麗な体のまま保管されています。

世界各国から、年間、何百人という人々がこちらに奇跡を求めてこの地を訪れます。以前は、病気の知人もいて、何とか飲ませてあげたくて、私もこの地に行ってみたいと思ったものですが、如何せん、遠い!!

そのうち、いつか行ってみたいに思うようなレベルにとどまっていました。

とある日、長崎で有名な大浦天主堂の方に遊びに行った時、ふっと、本通りから入り込む小さな道に目をやりました。奥を見ると、マリア様の像があり、

気になって奥まで入って行きました。

教会のようですが、なんと、ルルドの泉の水があると書いています。

はぁ? って言う世界です。

うそー・・・と、思いながら入っていきました。入ったら、教会関連の可愛い雑貨、天使とかですね、至ることろに飾っていて、雑貨店のようです。

まだ、半信半疑でしたが、見た目、何も変わらないんですが、空気がですね、妙にふわっとしてるんですよね。空気の流れが変わった感じです。

水はどこに? と、キョロキョロ。有りましたよ、小さなボトルに入った水が沢山。信じられない値段です、カードとセットになったものとか多数あるので、値段はバラバラですが、確か300円です(税込324円)水本体は。

フランスに行く事を思えば、タダみたいな値段です。

ここのマダムに聞いたのですが(お店には常にこの方がいます)フランスの現地の神父様と、ここの教会の神父様が懇意にされていて、フランスから送ってもらうことになったそうで、以来、置くようになったとか。

また、不思議なんですが、縁が無い人は、ここにたどり着かないそうです。

何度探しても来れない人もいるとか。

縁がある人は、呼ばれる様に此処に入ってくるから、と、言われました。

ちょっと嬉しいです。この売り場の奥に、以前の教会の祭壇等も見学できるようになっています。ただ、この水が大量にあるからなのか、教会があるからなのか、私のレベルではわかりませんが、ここに暫くいるだけで、かなり、体調が良くなります。気の流れと言うか、空間が違う感じですね。

マダムもこちらに縁があるようになってから、風邪ひとつひいたことがないとか。

大浦天主堂もいいですが、少し手前の道で、是非、不思議な空間に行ってみてはどうでしようか。勿論、お水、手に入れてくださいね。

我が家のペット達は、何度もこの水で、復活しています。心が純粋だから、余計に恩恵にあずかるのだとは思います。人間も、スプーン一杯をペットボトルに入れたりしてね、一日かけて飲む位でいいのよとの事です。

ここの凄さを強烈に感じたのは、昨年。夏に、頭では慰霊に行かなければと思うものの、ずっと避けていた平和公園。ついに、縁があって行きました。

駐車場までは何ともなかったんですよ。その地に足を下ろした途端です。

過去、感じた事のない寒さ、夏で汗だくなのに、体の芯からぞくぞくする言葉に言い尽くせない強烈な寒さ。寒気がひどくて、言葉にしがたい悪寒。

いやしかしね、やはり、お祈りはしていきたいし、冥福を祈りたいと思い、必死でそのまま歩いて祈りましたが、それが手いっぱいで、すぐに車に戻りました。一緒にいた者も異様な様子の私に気を使っていました。

車に乗りそこを後にしたものの、悪寒は戻らず、とにかく吐きそうな気持ち悪さ。まずいな、どうしよう、私如きは、ここには来たらだめなんだなと、悶々としていました。

この後、もともと予定していたので、水を頂きに行ったんですね。

空間に入るなり、はっ・・・と、体が楽になりました。何かが一緒に来ていたのかもしれないし、私自身の何かが取れたのかも。ですね。

体も感触も一気に戻り、これはもう、ただただ圧巻しました。

マダムには、最近、体調が悪かったけど、以前からお祈りに行きたかったからと話すと、叱られましたね。現地の人間でも、よしっ!!と、思わないと行ってはいけない場所なんだと。悲しみに呑まれてしまうからと。

気を強く持って、慰霊の気持ちで行かないといけない、体調万全な時にね、と。そうですね。途方もない沢山の方々の犠牲の上に、今の平和があるんですから、強い気持ちで行かないとですね。

その時、身に着けていた、これまた、巷で有名なメダイのペンダント。

これも、フランスのメダイが有名ですが、なんと、ここにはイタリア製のメダイが置いています。ど…どこまで凄いの。この教会は。

私のは、フランスのメダイですが。

それが、帰宅して裏を見たら、金色なのに色が落ちて灰色になっていました。もう、Wでぞっとしたというか、感謝しました。

私はカトリックではないし、むしろ、こてこての仏教になりますが、

関係なく守っていただけるんですね。長崎は、好きで、良く行きますが、

是非、行ってみたい場所です。グラバー、大浦天主堂に行くなら、お勧めの場所です。


Mystical Visit to the Incorrupt Body of Bernadette Soubirous.


聖コルベ館までの経路

これを見て、お出かけくださいね@^^@

聖コルベ記念館
日本, 〒850-0931 長崎県長崎市南山手町2−6

 

 

現金がどんどん貯まるオンラインモール

 

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!