ぴーちゃんゲート

お勧めの漫画紹介、運を良くする情報などですーぅ^^

「弟の顔して笑うのはもう、やめる」と「月下のふたり~もういない君は、この恋を許さないだろう~ 」TL漫画

 

三角関係、四角関係、さらに義兄弟姉妹・・・と、読んでる方も、複雑な悶々する恋愛話。悲しいくらい進展しない恋愛模様に、他人事で良かったと思いながらも、この手の話はついつい、気になって読んでしまうんだよね。

特に気になっている二作を紹介します。どちらも電子書籍です。

 

弟の顔して笑うのはもう、やめる のあらすじ

                     ⓒ神寺千寿

    http://img-cdn.jg.jugem.jp/be9/806357/20150309_1389084.jpg

「おはよう早く死んでねお姫様」今日もまた差出人不明の嫌がらせメールで美羽ちゃんの朝は始まる。おそらく西条先輩の痛いファンからだろう。西条先輩は高校 生にして人気小説家。美羽ちゃんと西条先輩は、美羽ちゃんの弟の蒼介の紹介で付き合い始めた。だけど蒼介は、西条先輩に美羽ちゃんを紹介した事を後悔して いるみたい。美羽ちゃんたち家族がウチの隣に引越してきた三歳の時からずっと蒼介ひとすじの私には、正直美羽ちゃんの存在は邪魔で、彼氏が出来たって聞い た時はホッとした。これで蒼介を自分だけの物に出来ると思ったから。なのに蒼介は相変わらずで、身体を重ねても私の名前は呼んでくれない。蒼介はいつも、 誰の事を見てるの

 

弟の顔して笑うのはもう、やめる?の 感想

                      ⓒ神寺千寿

    「弟の顔して笑うのはもう、やめる」の画像検索結果

神寺千寿さんが書かれています。

いきなりですが、すみません。主役の女の子、嫌いー。どうも好きになれない。んだけど、プラス弟の蒼介、西条くんのそれぞれに積年の、想い&トラウマ。 があるから、自分の心に正直な行動に出られない状況にも、共感できちゃう。 重いな〜。拗れてるな〜。 メイン3人+オマケ1人の4角関係。読むほどに、心がえぐられるような感覚。TLだけどストーリー重視です。近親かと思ったら違うから良かった。本当の姉弟ではないから。3巻では、ついに関係を持ってしまいます。お互い好きなんだけど、姉は自分の感情を出しません。

   http://img-cdn.jg.jugem.jp/be9/806357/20150404_1412943.jpgⓒ神寺千寿

そうとは知らない、弟の彼女と、壱也。ある意味空しいよね、そんなことになってるとは知らないし。と、こんな感じで、ややこしい関係は続く。すんなりくっつかない!じれったいし、そもそも姉(美羽)の性格もダラダラ。ふらふらするのなんの。苛立つので余計に好きになれない・・・。絵も綺麗で壱也の儚さがいいかな。私は、 壱也派だけど、最終的にはどちらに落ち着くのか気になる。もしかしたら、一度は壱也のものになって弟の蒼介が守っていくのか? 今の展開では、弟は可哀想過ぎて切ないだけかな。どの道、どっちかが悲しい思いをしなきゃいけない・・・。悲しいオチは止めてほしい。

独特の雰囲気がある漫画です。台詞回しやコマ割も女性的で綺麗かな。現在、電子書籍も紙本も2巻まで。

 

ティーンズラブも続々入荷!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!

 

 

次も、独自の雰囲気がいい感じ

 

月下のふたりーもういない君は、この恋をゆるさないだろうのあらすじ

この人は私の好きな人じゃない。手の感触も息遣いも全部違う。同じDNAを持った別の人―――。令と臣は双子の兄弟。私、奈都とは幼馴染でいつも3人一緒 だった。でも、私が好きになったのは1人だけ。私は令が好きだ。だけどその時はまだ、気付いていなかった。太陽を目指して月の明かりを頼りに歩いているこ とに…。そして高校受験を控えたある日、令が不治の病に侵されていることを知る。私達3人の歯車が、狂い始める―――。「令は“おきて”で臣は“家来”。 双子でも、役割があるんだよ。臣…お前には譲らないから。お前は後でいいだろ。俺がいなくなってからで。お前にできるならね。奈都が好きなのは、俺だか ら。」

月下のふたりーもういない君は、この恋をゆるさないだろうの感想

 

       ⓒ今村リリィ

今村リリィさんが書かれています。

悲哀系好きな方には、オススメです。男の双子と女の子の恋愛ですが、なんかもうたまらないです。切なくて哀しくて苦しい系で、それぞれの心情の描写がうまくて引き込まれます。人間模様の基本は、ちょうど、大昔に、タッチ/あだち充 の作品がありましたが、あんな感じかな、設定は。ただ、あれは、たっちゃんが前向きに頑張っていくんけど、これはちょと、刹那的。勿論、甲子園もないし。そもそも双子の関係が実は歪だし。ここが問題。我慢して多分、タガが外れてしまって、切ないくらい臣の心が歪んでしまってる。どこまでもつれたら、もう一度二人は向きあるんだろうと、悶々と読んでしまうんだが、更新、遅いし、覚悟して読んでね。短期な人は、完結するのを待ってから、一気読みを薦めます。

いらいらするんだもんー。なかなか進展しないからっ。仕方がないけどさ。

こちらは、現在2巻まで配信中。

 

昔、ミザリーって映画があったけど、気持ちは分かる笑 

この女優さんのド迫力の演技に、すっげ、って思った。

作家を拉致して、好きな話を書かせるという恐怖映画ね。たまに、そんな気分

になる漫画は確かにあるよね笑 これは、小説だけど。

ミザリー (吹替版)

ミザリー (吹替版)

  • ロブ・ライナー
  • スリラー
  • ¥1400

ミザリーのあらすじ

異常的ファンの囚われの身になる恐怖

有名人気作家と、そのストーカー気味な熱狂的ファンの女性の間に起こる、 衝撃的な出来事  スティーヴン・キング原作のサスペンスホラー実話とい話もある問題作。 メンヘラ、統合失調症、躁鬱など精神病など身近に潜んでいる今の世の中だからこその作品かもしれない。

心理的に迫ってくる恐怖感をどうぞ。

 

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

 

 

The Weight of These Wings

The Weight of These Wings

  • Miranda Lambert
  • カントリー
  • ¥2500