運を頂くなら、稲荷神社に参拝

      2017/10/31

小さいころから、少しですが、霊感がありました。大人になった今の方が、霊感は強くなったものの、小さい頃はね、邪念がないから、違う意味で今とは違う物が見えていた気がします。

両親は息が詰まるような厳しさで、同居していた祖母は、元祖、明治の女で、凛とした空気を漂わせた人で、大人の空間で一人孤立しているような空間で過ごすのが、たまらなく嫌で、学校から帰ると外出は禁止だったのに、私はちょくちょく、住宅街の裏山にこつそり一人で出かけました。これが当時の私には最高の息抜きでした。

見つからないように、短時間で戻るのが常でしたが、山の中を歩くと、なんともいえない安心感があり、時間が止まっている様な感覚が好きでした。山は今も好きです、海よりも。至福感に満たされます、単に雑木林でも。

その時に、今もおぼろげに覚えているのが、なぜ、こんなところにという場所に、それは綺麗なお稲荷さん、つまりキツネですね。真っ白なお稲荷の狛犬の二体が、森林の中に横に転がってるのを見付けました。鳥居は無いものの、幼い私にも、その銅像のような物体は、お稲荷さんバージョンの狛犬で対のものだという事が理解できました。見付けた時、ゾクゾクっとしたのと、張りつめた空間に人間が入り込んだという違和感がありました。

なぜだか、それ以上、入ってはいけない気がして、その位置から挨拶して、立ち去ったんですね。去り際、急に暖かい感じに変っていたので、受け入れてもらえたのかなと思いました。倒れているお稲荷さんが気になって、以後、何度も行ったのを覚えていますが、怖くなくて、むしろ好きで会いに行ってた気がします。

それがお稲荷さんとの最初の出会いです。

さて、最近になり、お稲荷さんというのは、ご縁を結んだら、何度もご挨拶に伺わせていただかねば、失礼になると言う事を知りました。勿論、お礼も兼ねてなんですけれどね。なので、旅先で参拝する時は、もう来れませんので今回限りですが。とか、ご挨拶してください。理解して頂けます。

ちゃんと、説明すればいいんですが、お願い事して、叶えてもらって、さようならでは、それはもう、御立腹されます。そういう礼儀をわきまえれば、これほど、優しく頼りになる神様はないのではないかなと思います。

伏見稲荷さまとか、金比羅稲荷さまクラスになると、もはや、おキツネさまではなく神様まで上り詰めたお稲荷さまなので、度々、行かなくともお怒りにもならないですが、やはり失礼のないように、参拝されてくださいね。

お稲荷様によっては、厳しい方もいますし、多々、ご縁を結ばれる時には、ここに来れるかどうかを考えてから参拝してください。無理なら無理だと言って参拝してくださいね。その時は、参拝させていたてだいてありがとうございましたで、御祈願は止めた方がいいかもですね、お礼に来れるならば、いつになるか分からないけれど来ますと言えはお願いしたらよいかと思います。

お願いごとのコツは、具体的に。漠然とお金が欲しいではなく、車を買いたいからその費用が欲しい、いくらくらいとか、結婚したいではなく、こういう方と結婚したいの、いつくらいまでとか。漠然と言われると神様も困ります。

住所と名前、年齢は忘れずに言ってね、二拍手一礼二拍手が良いみたいです。

お礼には、日本酒、稲荷寿司がいいですね、お供え物は、参拝前に。参拝後、気が入っているので、持ち帰り、召し上がってください。お酒は、蓋をあけてお供えしてくださいね。

お稲荷さんでお願い事を叶えて頂ける所は沢山ありますが。

今回は、

源九郎稲荷神社

を、お勧めします。スピリチュアルな著書で有名な桜井識子さんが紹介なされていますので、彼女の名前を言って参拝されると、より、願いを聞きどけて頂けるかと思います。とてもパワーがある神社です。

源義経との歴史逸話があります。それで源九郎名に。

日本三大稲荷の一つに数えられ、北向きの本殿に『白狐源九郎』が祀られています。源九郎狐や綿帽子を買った狐の伝説で有名な神社。動揺『やまとの源九郎さん』に歌われている場所であり、地元では「源九郎さん」の呼び名で親しまれているそうで、お優しいキツネさまです。

この神社の画像が見れる映像を貼っておきますね。

 

源九郎稲荷神社

奈良県大和郡山市洞泉寺町15

 

風もないのに、桜井さんが力を見せてほしいとお願いしたら、映像が撮れたそうですが、凄いです。今は、ちょっと見れなくなっています、ごめんなさいです。ちょい違う画像を貼っておきますね。

けん属とは、神様との取次をして頂く存在です。神社に入ったら、心の中でなぜここに来たのか、どんなお願いをしたいのか、語りながら神様の傍に行くといいですね、けん属が神様にとりなしてくれます。是非、大きなお願い事がある方は、是非、お稲荷様に参拝されてみてくださいね。

 

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

 

 - 奈良, 桜井識子, 源九郎稲荷神社, 稲荷神社,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。