ぴーちゃんゲート

お勧めの漫画紹介、運を良くする情報などですーぅ^^

BL「続きはまた夜に」「好きやねんけどどうやろか」「若旦那にご用心」/ 千葉リョウコ  

 えー、今日は、お勧めのBL漫画。

時々、まとめて紹介しますぅー 千葉リョウコさん@^^@

 

とにかく絵が好き!!!! 視線が合ったときから大ファンに(。・ω・。)ノ♡

 

 ストーリー重視なんですけど

設定とか細やかでいいですねー心理描写も素敵で(#^.^#) 

キャラの表情とかたまらんいいですし

ゆっくりと恋愛感情を育んでいく感じが好き

きゅんきゅんします(。・ω・。)ノ♡

 

今回の帰省中にも

紙本を更に買ってしまいました('◇')ゞ

 

 特にお気に入りを選んでみました

よろしくですーーー\^-^\ 

 

 

           

                       ⓒ千葉リョウコ

 

続きはまた夜にのあらすじ

 

                       ⓒ千葉リョウコ

f:id:chaocat9:20170721002213p:plain

 

売れっ子ホストの阿久沢文(あくさわ・ふみ)と
刑事の二神崇晴(ふたがみ・たかはる)は、学生時代の同級生で元恋人。
2年前に再会した夜、誘い誘われるままにカラダを重ねてからは、
たまに会ってセックスするだけの割り切ったオトナの関係を続けている。
心の中では未だに互いを想い合いながらも、臆病すぎてすれ違う2人。
でも、気持ちを押し殺したままカラダだけの関係を続けるのは苦しくて──…!?

ホスト×刑事、対極の2人が織り成す、
すれ違いLOVEシリーズに描き下ろしを加えた著者初の麗人コミックス!!

 

続きはまた夜にの感想

 

                          ⓒ千葉リョウコ

 

 

 

 

 

数多くある作品の中で、断トツに好きなのがこれ。内容的には、少しディープなんで甘々な雰囲気はないんですけど、逆にそこが生かされてるんですよね。ホスト×警察のカップル。双方、イケメンで性格も男前であるが故の、葛藤というか、素直になれない。長年、お互いに好き同士なのに、どちらも言えない・・というか、言わない。学生時代の三年間、そして再会後の体の関係だけは続いているのに、本当の気持ちは言わない・・・。互いに、色々な葛藤があって臆病になってて・・。

 

 

 

 

 

                         ⓒ千葉リョウコ

 

 

 

 

 

で、その再会後の2年後から話が始まるんですけど、この二人の気持ちのスレ違い、大人になれば成程、素直になれなくて、言葉にはできない・・感情に蓋をするというか、なんか本当に切なくて・・・そんな二人の、息苦しさみたいなものも伝わって来て、感情移入して読めました。最後、やーっと二人の気持ちが通じ合うところでは、涙でした。その上、絵が抜群に奇麗でコマワリ構成も上手いんで、余計に素敵な作品に仕上がっています。千葉さんの作品が未読の方は、この作品から読んで欲しいです。めちゃ攻めが好みでした^-^  えー、紙本、電子書籍で一巻完結。

 

  

 

 

シーモアなら無料立ち読みできます。

  

 

 

 

48時間借りても100円で読めますよ

初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!

 

 

 

 

次は、

 

 

 

         f:id:chaocat9:20170721002523p:plain

                       ⓒ千葉リョウコ

 

 

好きやねんけどどうやろかのあらすじ

 

                            ⓒ千葉リョウコ

 

転勤で大阪に来たバツイチ真面目サラリーマンの曽我は、安くて美味くて家庭的な小料理屋の常連になった。
ある日、店主の栄枝くんに告白され、キスもされ、テンパって意識してしまう! 
関西弁なんて、粗野で苦手!と思っていたのに、「好きやねん」って熱く言われたらどうにかなってしまいそうで――。
野菜嫌いで潔癖なリーマンとオラオラ襲い受け八百屋の恋「食わず嫌いはあかんやろ」も収録した、2カップルの方言ラブ!

 

 

好きやねんけどどうやろかの感想

 

                          ⓒ千葉リョウコ

 

 

 

 

 

私自身、関西人なんで、めちゃ好きでしたね。栄枝くんが好きなので、彼が流暢に話す大阪弁は心地いい。まーね、大阪弁も、私なんかはゆっくりとしたベースで話すんで、京都ですか?なーんて、言われるけど、早口でも可愛い大阪弁はあるし、その人の好みなんかなと思う。いかようにもアレンジできるのが大阪弁なんで、上品にも下品にも・・それが面白いんだよね。ただ、日本一フレンドリーな街ではあります、そこがええんやけどね。さて、その大阪弁が苦手な受けが、可愛いんだよねー、しかし、栄枝くんに、だんだん胃袋捕まえられて、心も捕まえられて。栄枝くん、彼のジャブはどんどん効いてくる。受けの彼の方言も可愛いし、店主と客ってのがいいよね。客側としたら、どこまで本気なのかが分からず、押してきてもらわないと、こっちからは行けないもどかしさがあるんで、こんな風に攻められるのはいいな。

 

 

 

 

 

                           ⓒ千葉リョウコ

f:id:chaocat9:20170721002616p:plain

 

 

 

 

 

表題作と、繋がりのあるもう一作収録。栄枝くんの幼馴染、要くんの恋のお相手は、野菜嫌いの潔癖症。いるいる、時々こんなやつが。八百屋である彼の心情としては、なんとしても野菜を食べさせたい。その中津さん、なかなか辛辣な事を要くんに言うのですが、当人はケロリとしている。結局のところ、要に振り回され恋に落ちてしまう・・・ついに、結ばれた時の彼のセリフには吹いてしまいました、素直すぎで。対人慣れしていないだけで、実は誠実で素直な奴なんだよね。可愛いなっと思ってしまったよ。今回も、千葉さんワールド全開です、すんごい楽しめる一作になっています。紙本、電子書籍で一巻完結。

 

 

 

 

シーモアなら無料立ち読みできます。

  

 

 

 

48時間借りても100円で読めますよ

初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!

 

  

 

最後は、

 

 

 

          

                     ⓒ千葉リョウコ

 

若旦那にご用心のあらすじ

 

                          ⓒ千葉リョウコ

 

フリーライターの龍は、出版社から『取材お断りの人気旅館から取材許可がもらえたら社員にしてやる』と言われて、勇んで取材に向かう。ところが、旅館の若旦那である七海からは、けんもほろろに取材をはねつけられる。食い下がる龍に、七海は「住み込みで1カ月働けたら」という条件を出してきて、早速命じられた「初仕事」は、お風呂上がりのエッチなご奉仕で!?

 

若旦那にご用心の感想

 

                          ⓒ千葉リョウコ

 

 

 

 

 

表題作とその続編、そして、少し古い作品等が三作入ってるというボリュームで凄くお得感がある短編集の一冊です。昔から、ほんっとうに奇麗な絵を描かれてたんですねー、と、ファン的には違う意味でも嬉しくなります。若い頃の作者の初々しい作品です。うふふ。

さて、最初は、俺様的な攻めの若旦那かとおもいきや、意外と押しの弱い面があるんで、妙にはまりました、ギャップ感に。もう少し強引に行けばいいのにー笑 とかね。

妙に若旦那が気に入ってしまった、相変わらず攻め側が好きになる私。千葉ワールドのほのぼの感ある作品で、好きでしたね。二人のイチャイチャシーンも良かったですし、何より、家族が妙に理解があり、この辺もいいなぁと。この人の作品って、読むと温かい気分になるんですよね。受けのフリーライターも可愛いし。続きも読めるものなら読みたいです。

 

 

 

 

 

 

                         ⓒ千葉リョウコ

 

 

 

 

 

 んで、短編集、最後の作品、恋愛ゼミは、珍しくオジキャラがでて、これも面白かったです。個人的には、妙に可愛くてツボにはまってしまった攻めの出てくる、君に降られて。いや、とにかく一度読んで欲しいです。紙本、電子書籍ともに一巻完結。また、多数、本当に出されてるのでご縁のある作品からどうぞ。ここには載せれなかったけど、編集長シリーズが私は好きなんですね。数冊に渡り続いています、同じ会社等の設定なので、その後のカップルの様子も読めるし、一冊読むと止まらないです。スピンオフが続くんですね。まずは「宝物みつけました」から読んでみてね。

 

 

 

 えー千葉リョウコさんもtwitterなされています、フォローどうぞです\^-^\

千葉リョウコ@chibaryoko

 

 

 

んじゃーまた\^-^\

 

 

48時間借りても100円で読めますよ

初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nobody But Me

Nobody But Me

  • マイケル・ブーブレ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Who's Lovin' You

Who's Lovin' You

  • マイケル・ブーブレ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes