「ニコイチ 」、「狼執事に首ったけ 」TL漫画

      2017/12/07

友人が転院したので、ドストライクのDRに会う機会が無く・・

つまらーん・・・と、入院最中の友人に電話でぼやいたら

自分で行ばいいやん(患者になれ)、だと怒

は・・恥ずかしいので遠慮しときます。診療科目がね汗

それより、来週届くPC。windows10なんだけど

上手く馴染めるんだろーか、ちょっと心配。

とかいいつつ、借り物のPCで今日も更新しますー

この作品から、よろしくですー@^^@

 

 

 

 

「ニコイチ」の画像検索結果 ⓒ金田一蓮十郎

 

 

ニコイチのあらすじ

須田真琴はごく普通のサラリーマン。ところが息子・崇の前では女装して優しいママを演じていた。青春を女装と育児に捧げた男のワケあり二重生活コメディー!

 

   【全1-10セット】ニコイチ ⓒ金田一蓮十郎

 

ニコイチの感想

 

「ニコイチ」の画像検索結果ⓒ金田一蓮十郎

 

 

金田一蓮十郎さんが書かれています。絵はかわいいし、キャラもかわいく読みやすいです。亡き恋人の忘れ形見である息子をなぜか女装して育てているサラリーマン・真琴が主人公。素直にまっすぐ育ったかわいい息子と美人お母さんとの暮らしは一見順風満帆。なーんだけど、いろいろな問題が浮上しまくり笑

 

 

「ニコイチ」の画像検索結果

ⓒ金田一蓮十郎

 

実はお母さんじゃなくてお父さんだってどうカミングアウトをいつするのか、んで、男としてはそろそろ恋人がほしいんだよね、うん、女装してるだけで、男はやめてないんだよね。気になる女性と女装姿で出会ってしまったり、

 

 

「ニコイチ」の画像検索結果ⓒ金田一蓮十郎

 

 

会社の同僚と女装姿で出会ってしまったり、でー、息子の学校では評判の美人母で通っているため誰もが「母親」であることを疑っていなかったり 、読んでて面白いのなんの。全10巻という長さの漫画なんだけど、ぎゅっと配分よく設定されていて楽しく読ませてくれます。途中、ありえーん!!って、思うこと多いけど、どんどん引き込まれて読んじゃう。いろんな生き方があってもいいと思うし、模範的な生き方が素晴らしいとも思わないし、こんな人生もええやろって思います。人と違っても色々な幸せがあるって思せてくれる作品です。紙本も電子書籍も全10巻です。

 

 

 

 

 

 

 

シーモアなら無料立ち読みできます。

 

 

 

 

 

 

次は、TLで。

 

 


   ⓒ羽柴紀子

 

狼執事に首ったけ のあらすじ

 

 

ⓒ羽柴紀子

 

 

お金があっても恋人は買えない。美人であっても愛は手に入らない。本当に大切なものを手に入れるのに必要なスペックは何? 本当の恋を見つけるために、いろんな男と付き合うけど、いっつもふられてばかりのお嬢様・瑠依。誕生日を迎えた瑠依はハメをはずし過ぎて、お目付け役である執事・三笠の怒りを買ってしまい……。

 

 

狼執事に首ったけ の感想

 

ⓒ羽柴紀子

 

羽柴紀子 さんが書かれています。 個性的な絵なんだけど、綺麗でかわいいキャラを書く漫画家さんです。男性が特にイケメンで好きかな、ふふ。好みはあると思うけれど。

これは、下に貼り付けたように、5本立ての短編集で残念ながら表題作の執事の話は一本です。でも、続きが読みたくなるようなかつくいー、好きなタイプの執事でした。あぁ、執事のいるような生活してみたかった笑 自由人でよかったとも思うけど、監視させるのも苦手だし。でも、こんな風に四六時中傍に、こんな人がいたら、やっぱり好きになるよね。このお父さんは、そういう意味で寛大というか、この人を執事に決めた時から、そういうつもりで連れてきてるのがすごい。10歳くらい離れてるのもいいと思うし。ただ単に歳を重ねただけの男は困るけどね。それなら、いっそ年下の方が余程、頼れる男もいるし。話がそれました。このお嬢様には、この人がちょうどいいんではないかな。手のひらで泳がされているような感じだしね。適度に俺様がチラチラ・・・なかなか良かったです。

 

 

 

 ⓒ羽柴紀子

 

 

 

 

どれも短くまとまった話ではあるけれど、ハッピーエンド集ともいうべき内容なので、後味もよく、お得感がある一冊になっています。普通にHはありますー、TLだからね。   紙本、電子書籍ともに1巻完結。

 

 

 

 

 

んじゃ、またー\^-^\

 

 

 

48時間借りても100円で読めますよ

初めての人でも簡単に読めちゃう。コミック1冊100円レンタル、Renta!

 

 

 

 

 - ニコイチ, 狼執事に首ったけ, 羽柴紀子, 金田一蓮十郎

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。